DEN

Concept

コンセプト


オンライン上で世界感を「伝える」「伝わる」場作りをしていくことができたら。
そんな想いからOnline Gallery DENは創られました。

どこからでも全世界に向けて発信できる時代。素敵な作品や世界感をもっと広く知って貰う機会が出来たら素敵だろうな。そんな想いからDENは生まれました。DENは「伝」の文字から名付けています。

一般的にWEB上のギャラリーというと、オンラインアルバムを思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、DENでは、こういったアルバムとは区別化した「ギャラリー空間」を作っていけたらと考えています。

通常のアルバム仕様では、ギャラリーという箱を作って、その中に作品を当てはめていくというスタイルが多い中、DENではギャラリーを作品置き場として考えるのではなく、展示自体も作品作りの一環として、作者の方と取り組んでみたい。つまり、ひとつのギャラリーの形にあてはめるというのではなく、それぞれの作品に合ったギャラリーページをアーティストやクリエイターの方と共に、ディレクター&デザイナーとエンジニアが一緒に考え作り上げていきます。リアルの展示みたいに。

オンライン上ではまだまだ制約も多く、リアルほどの自由度は難しいとは思います。それでも、さらに良さや魅力を伝えるために、WEB上でもきっとできることはあるのではないかと考えています。

Vision

ビジョン


ゼロからイチヘ。知って貰うことが何よりも難しい。
複数展示を同時に走らせることで、ポジティブな「ついで」が生まれ広がっていく。

何事も同じだと思うのですが、知らない状態から知ってる状態にすることこそ一番大変です。いわゆるゼロをイチにするということ。でも、この「知って貰う」ことこそが、広がっていくためのスタートラインに立てた状態だと思うのです。

何事も、人は目に触れる機会があったり、教えてもらう機会があって初めて知ることができる。つまり、どんなにすばらしいことであっても、接点がない限りは知るよしもないのです。

だからこそ、ゼロベースから新しく知って貰うためには、興味の有無にかかわらず「接点」を作ることが大切になります。私たちが考える最高のカタチは「ついで」です。

「ついで」というと、あまり良いイメージがないかもしれませんが、ここで言う「ついで」は決してネガティブではありません。先ほども書きましたが、そもそも、人は最初知るためのキーワードすら持っていません。検索もできなければ、身近に知ってる人がいなければ教えて貰う機会もない。そんな状態で正攻法で知って貰えるなんてことは、むしろ奇跡的、運命的だと思っています。

だからこそ、「ついで」からはじめよう、というわけです。
DENでは、複数の展示を同時に走らせることで、これを実現できるのではと考えています。特定の展示を目的に見に来た人が「他はどういうものがあるのかな」と見てくれることで、ポジティブな「ついで」が生まれる。そして、その「ついで」から一人でも新たなファンが生まれたら、素敵だと思いませんか。

複数の展示を同時にすることで、参加されるアーティストやクリエイターそれぞれに「ついで」のチャンスがある。あなたの展示から誰かにつながるかもしれない。そして、誰かの展示からあなたにつながるかもしれない。DENはそんな活動の通過点となるワクワクのギャラリーでありたいと考えています。


どこからでも好きな感性、世界感に触れられる。
リアルにつながるために、オンラインだからできることがある。

DENはオンラインギャラリー。でも、リアルにもつながっていく場でありたい。アーティストやクリエイターの皆さんにとって、次につながる通過点でありたいと考えています。そもそも、オンラインとリアル…これを別物とバッサリ分けて考えるのはもったいないと思うのです。オンラインとリアルも、一人のクリエイターが表現する場であることには違いないのだから。

オンラインの利点は、場所や時間関係なく、展示の作品に触れていただけること。世界感、感性を知って貰うきっかけとしてオンラインを活用し、そこからさらに深めて、リアルにライブで見てみたいという想いにつなげていくこともできると考えています。

ナマで見る作品の空気感はやっぱりリアルならではのもの。その良さはやっぱり体感してもらえたらと思いますし、足を運ぶきっかけにつながればとても嬉しく思います。そのためにも、オンラインでできることをDENではしっかりと考え、遂行していきたいと思っています。


「今」を大切にする期間限定の展示ギャラリーで価値づくりを。

通常、ホームページを中心としたオンライン上のアルバムはポートフォリオの役割を担っているものも多く、いつでも見られる常駐のスタイルにしてあるものが多いですが、DENの展示は1ヶ月を基本とした期間限定です。期間を過ぎたら、すべてのデータもサーバから削除し、時期とともに見れないものにしていきます。これは、今だからこそ創られた作品であるという、作品の価値を感じていただくためです。

作品も感性も世界感もナマモノだと思います。
当然同じアーティスト、クリエイターであっても変化していく。それは自然なことだと考えています。今だから出来た作品、今だから思う展示スタイル…すべてをまるっと感じられる場所として、DENがあればいいなと思っています。

そして、こういう場作りをすることで、アーティスト、クリエイターの皆さんにとっても、自分の世界感を振り返り、気軽に作品をまとめる機会となり、「今」のその想いを惜しみなく出し切って価値作りしていくことにつながればと考えています。


Topへ